本文へスキップ

日蓮宗 光照山 蓮久寺は、吉野太夫ゆかりの寺ですので昔から諸芸能に御利益ありと言われております。

電話でのお問い合わせはTEL.078-381-6628

〒600-8374 京都市下京区藪ノ内町607

光照山 蓮久寺紹介

光照山蓮久寺は、特徴ある赤門です。

なぜ赤いかと言えば、島原の二代目吉野太夫が

寄進された門だからです。

「太夫」とは遊女の地位で、

最高ランクの遊女の称号であります。

この二代目吉野太夫は、本名は徳子といい
元和5年(1619)わずか14歳で太夫に上りつめた人物です。

この方は、美しさはもちろん、和歌、連歌、俳諧、琴、琵琶、笙、華道、囲碁にいたるまで諸芸は、すべて達人の域にあられた方です。

その吉野太夫が、日乾上人という方に帰依し法華経信仰の道に入られました。

その時、島原の蓮久寺と鷹峯の常照寺の二門を寄進されました。吉野太夫が寄進された当時の門に揚げられていた
棟板が今も現存しており、蓮久寺本堂に奉られております。

本堂内参拝について

蓮久寺は観光寺院とは違い法務などで住職不在の時がございます。
また本堂で法事などが執り行われている時もあり、遠方より観光で来られても本堂内にて、
参拝出来ない時がございます。
本堂の外よりご参拝いただけますよう、ご案内申し上げます。



ナビゲーション

shop info店舗情報

光照山 蓮久寺

〒600-8374
京都市下京区藪ノ内町607
別院受付番号078-381-6628